このエントリーをはてなブックマークに追加
近い人間関係では、感情のぶつかりあいが
出てきやすくなります。
特に、夫婦関係や恋愛関係で、それは多くなります。

感情がぶつかるとき、どちらかが引く、とか、
冷戦状態になる、というのではなく、
この感情が出てきたときに、どれだけ相手とつながれるか、
というのが、とても大切になってきます。

例えば、私の場合、家内が私に怒りを感じる、
というところからスタートすることが多いです。


私が悪者、のように言われて、
私からも反論したくなりますが、
心の中で起こっていることは、全く別です。

相手に対して、不快感を与えてしまったことに関して、
罪悪感を感じてるんですね。
ただ、その罪悪感を相手に攻撃されるのはつらいので、
防衛的になりたくなる衝動が出てきます。

本当に感じている感情は罪悪感で、
それを隠すために怒りを出したくなる、
という動きが心の中で出てきます。

だから家内の言っていることに耳を傾けて、
素直に謝る、というようにしています。

ただ、話を聞く、というときに、
単純に言っていることをそのまま言葉通りに聞く、
ということはしないようにしています。

その代わり、本当に嫌だったこと、本当に言いたいことを
汲み取るようにしようとしています。


みなさんも、こういうことはないでしょうか?

本当に言いたいことは別にあるのだけれども、
それを言うのは恥ずかしかったり、
自分の弱い部分をさらけ出すような気がするので、
そこは隠して、何か正当に訴えれることに変えて、
相手の間違いを批判する、というような感じです。

本当にコミュニケーションしなければならないのは、
その正しいこと、ではなくて、その恥ずかしがっている部分の方です。

ただ、怒りを感じているとき、というのは、
防衛的になっているので、そこをつつかれると、
もっと防衛したくなる気持ちがでると思います。

防衛的になっている部分ほど、ハートの柔らかい部分です。
だから、そこは大切に扱わないといけないと思っています。


だから、感情のぶつかり合いがあるときほど、
相手の感じている部分、
わかってほしいと思っている部分を理解する、
ということが何より大切だと思っています。

ただ、自分自身が感じていること、というのも
コミュニケーションしていきます。

そうではないと一方的なコミュニケーションになってしまいますし、
感情のぶつかり合いが出てきているときほど、
そこにはお互いの誤解のようなものがありますので、
自分のことを伝えていかないといけないと思っています。


夫婦関係や恋愛関係では、
コミュニケーションが何より大切になります。

そのために鍵になってくるのは、
相手を理解する、ということになってきますので、
感情のぶつかり合いがあるときほど、意識してみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/69-72a28101