このエントリーをはてなブックマークに追加
欠乏感が強ければ強いほど、
その欲しいものを手に入れないと生きていけない、
と感じるので、執着も強くなると思います。

仮に手に入ったとしても、
それを失うことを怖れるため、
心が満たされれにくくなります。

例えば、自分の恋人から十分に愛されているように
感じることができず、そこに欠乏感があるような場合、
自分は恋人から愛されていないのではないか、
という恐れを抱くがあります。


心には不思議な法則があって、自分がそうだと信じていることを
引き寄せる力があるので、「信じていれば夢は叶う!」
という人もいたり、非常にパワフルで良い一面がありますが、
そこには逆の一面もあります。

それは、悪いことを信じていたら、
その悪いことを引き寄せてしまう、という法則です。

欠乏感があって、自分の恋人から充分に愛されていない、
というところから、自分が恋人から愛されていない、
という恐れを抱くようになると、
その恐れに引き寄せられてしまう、ということです。

実際に、愛されていないように感じたことから、
相手にケンカをふっかけてしまって、雰囲気が悪くなって、
余計に相手との距離が空いてしまったり、
最悪、自ら別れを切り出したり、というケースもあると思います。


もし、今、欠乏感があるのであれば、
その悪い流れを変えることが求められています。

流れを変える最初の第一歩は、
欠乏感の裏に隠れている、期待を手放すことです。

何も言わなくてもわかってほしい、とか、
自分のことをこういう風に愛してほしい、とか、
自分の心の中にある、欠乏感を形作っている
期待を手放していくと、流れを変えていくことができます。

欠乏感があるときには、相手から何かをしてもらっても、
それが当たり前だったり、十分に満足できなかったかもしれませんが、
期待を手放して、欠乏感を軽くすることができていれば、
相手からしてもらったことを、
気持ちよく受け取って満足することができるようになっていきます。

満足感があるところには、
もっと満足することがやってくるようになります。

基本的には、いくら与えても、不満げな顔をしている人のところには、
どんどん与えられるものは減っていき、
少しでも与えたら、それに満足して感謝の心がある人のところには、
どんどん与えられるものが増えていく、
という流れが生まれやすくなります。

もちろん、それ以外の要素もたくさんありますので、
これが全て、というわけではないですが、
欠乏感を満足感に変化させていくことができれば、
悪い流れを変えていくことができるようになります。


もし、今、欠乏感があるのであれば、
その裏に隠れている期待や恐れを手放してみてください。

それは、良い流れを生み出していくための
大切な一歩になっていきますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/78-de85f858