2012.03.14 自分のルール
このエントリーをはてなブックマークに追加
自分がどういう風に扱われるべきか、
ということを自分の中で決めている
ルールのようなものはないでしょうか?

ぱっと言われて思いつかないかもしれませんが、
例えば、今まで、人間関係の中で怒りを感じたようなときに、
誰かがそのルールを破った、としたら、
自分の中にどんなルールがあったか、と考えてみたら、
いくつか思い当たるものはないでしょうか?

自分の中では、当然のこと、と思っていても、
それは、ルールを言葉にした上で、それをよく見てみたら、
自分でも笑ってしまうようなものもあるかもしれません。


例えば、彼は私が疲れているときは、もっと優しくするべきだ、
というルールがある、ということに気付いたとしましょう。

彼の方がもっと疲れているときも関係なく、
彼が病気で寝込んでいるときも関係なく、
このルールは守られるべきだ、
ってなっていたとしたらどうでしょうか?

なんだか、わがままな気がして、
自分でも笑ってしまうかもしれません。


例えば、彼は私が怒っているときは、
その理由を察して、私から何もいわないでも、
自分から謝って、自分自身を率先して変えていくべきで、
そういうときは、どんな的外れな行動もNG、
というルールがあるとしましょう。

かなり厳しいルールかもしれません。
ただ、これと似たようなルールを持っている人は
いるかもしれません。


色んなルールがあると思いますが、
ここで大切なのは、そのルールを作っているものが何か、
ということです。

そのルールがないと困る自分がいた、ということは、
そのルールを破られると、傷ついてしまう自分がいる、
としたら、その傷の部分がとても大切な意味をもってきます。

もし、傷が癒されたとしたら、
そのルールは必要でしょうか?


自分の中にあるルールを見つめて、
なんだかおかしいな、と思ったとしても、
ルールが破られたときに、自分がその傷に直面するとしたら、
ルールを手放すことは難しいかもしれません。

ルールが破られないようにするのではなく、
その傷の部分を見つめて、
傷を手放すことができれば、
ルールにこだわらなくていい自分を手に入れることができます。


もし、今、自分の中にあるルールで、
人間関係の中でそのルールがあるために、
とても窮屈になっている部分がある、としたら、
そのルールの下にある傷を手放すことに
取り組んでみることが求められてきます。


ルールを手放すこと、というのは、
とても成熟さを求められる選択だと思いますが、
人間関係をより良くするものですので、
ぜひチャレンジしてみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/85-9db349fe