このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の素直な気持ちや感情を相手に伝える、
ということは、相手との間にある壁や対立している部分を
乗り越えていく力があります。

特に、パートナー(彼氏・彼女や、夫婦関係など)との間で
対立があるような場合には、
感情を伝えていくコミュニケーション、
というのは求められてきます。

ケンカをしているときに、理屈を持ち出すと、
どうしても、相手を攻撃したり、自分の身を守ったり、
というやりとりになるので、
どちらかが引く、とか、妥協する、という、
選択肢しか見えてこなくなります。

タイトルにある、感情を伝えていくコミュニケーション、というのは、
理屈や、どちらの方が正しいか、という話をするのではなく、
その対立の中で感じている自分の弱い部分を、
相手と分かち合っていく、というコミュニケーションです。


そのコミュニケーションでは、
怒りの感情を相手にぶちまける、
というより、自分の感じている怒りの下に何があるか、
その部分を相手に分かち合っていきます。

大切なのは、相手を責めないことです。
事実を相手に突き付けて、相手のせいで、
こんなひどい気分になった、ということを証明する行為ではないです。

大切なのは、自分の痛みを相手と分かち合う、ということです。

相手に対する批判や攻撃、被害者意識は手放してください。
その下にある、自分の痛みの部分、を伝えていって下さい。
例えば、淋しさ、相手に対して申し訳ない気持ち、
自分がちっぽけになってしまったように感じる気持ち、などです。


パートナーと対立関係にあるときは、
どうしても自分は悪くない、ということを証明したくなります。
ただ、そこを証明しようとすればするほど、
相手は、あなたが悪い、ということを証明したくなります。

防衛は進んで手放してください。

自分は悪くない、という話をしたら、
相手はあなたが悪い、という話をしようとしますが、
自分の痛みの話をしたら、
相手はあなたを攻撃しにくくなります。

痛みの部分を話をしているときのあなたは、
防衛的ではないし、相手を攻撃しようともしていないので、
相手は、あなたに対して、防衛的な態度をとる必要がなくなるからです。


それが、パートナーであれば、
たぶん、痛みを感じているあなたを見て、
助けたい、という感情が相手に出てきます。

また、あなたが素直に自分の感情を話している、
というのは相手に伝わるので、
相手の心の中にも、自分の感情に素直になるための余地、
が生まれます。

そのコミュニケーションができたときに、
対立関係のあった相手との間に、橋を架けることができます。


パートナーとの対立関係があるところには、
感情のコミュニケーションをしてみてください。

それは、今の関係を一歩前に進めることができますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/90-45408588