このエントリーをはてなブックマークに追加
愛する人や、好きな人から拒絶された、と感じるようなときは、
どうしても、被害者になったような気がしてしまいますし、
相手や自分自身を責めたくなります。

そんなとき、そこにはまり込む代わりに、
別の切り口で自分を見つめることを提案したいって
思っています。

それが、タイトルに書いてある内容です。

拒絶と、その裏に隠れている見返りを求める意識について、
今回は書いていきます。


拒絶されたと感じるとき、というのは、
相手から嫌われた、とか、
相手にとって、自分はどうでもいい存在なんだ、とか、
そういう気持ちがふつふつと上がってきやすくなります。

事実がどうであれ、
そういう風に感じてしまいやすくなります。

ただ、ここで気付いてほしいのは、
拒絶されたのは自分自身ではなく、
自分自身がもっていた欲求の部分だ、
ということです。

愛する人や、好きな人であれば、
例えば、優しくしてもらいたい、とか、
愛のある言葉がほしい、とか、
~してもらいたい、~がほしい、という意識を
持って近づくと思いますが、
拒絶されたのは、その部分です。

それがかなえられなかったときに、
まるで自分自身が全否定されたように感じる、
というところから、拒絶された、と思ってしまうのですが、
もちろん、これは誤解です。


拒絶された、と感じるときは、
自分は相手からどんな見返りを求めていたんだろう、
って切り口を変えて振り返ってみてください。

そこで、拒絶されたのは自分自身ではなく、
その欲求の部分だと気付くことができたなら、
落ち込む代わりに、その欲求を手放していこう、
という選択をすることができます。


好きな人、愛する人との関係で、
この欲求を手放す、というのは、とても大切です。
それができるほどに、相手にとって、
あなたはより魅力的になることができますし、
相手に何かしてもらったときに、
よりその価値を受け取ることができるようになります。


もし、拒絶された、と感じたときは、
落ち込む前に、自分は何を手放すことが求められているのか、
自分の内側を探ってみてください。

そこでの気付きは、その関係をより良い形に、
ステップアップさせていくきっかけになりますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/91-baf8d8ca